賛同してくださる皆様へ

Approval

「なんの為に家をつくるのか?」
この問いに少しでも迷いがある方は、ぜひ私たちと本当にいい家を建てませんか?
ご家族に、なにより我が子に胸を張って誇れる会社にしていきませんか?

施主はもちろん、協力会社からもたくさんの「ありがとう」を言われ、
そして、会社として利益を上げることも大切です。
私たちは、ビジネスの基本とされる「ヒト」「モノ」「カネ」から、
地域密着で頑張っておられる地元工務店の方々が足りない・必要だと感じている要素。

例えば、WEB マーケティングや建築技術のコーチングなどをご提供します。

ご提供するのはあくまでも<要素>であり、そのものではありません。
それは「自社でできることを継続していく」ことが大切だと考えるからです。

地方の工務店はさまざまな問題、課題を抱えています。
皆さんの会社が抱えている問題を教えてください。
共に考え、問題を解決していける仲間が見つかるかもしれません。

皆さまの地域の志ある地元工務店をぜひご紹介ください

私たちは「何の為に家づくりに携わる仕事をしているのか?」などのテーマで講演も行っています。
ぜひ一度、私たちの理念に耳を傾けてみてください。
「材料を作って卸す会社」という考え方から、
「共に、暮らす人たちが幸せになる家づくりを目指す仲間」へ…。
<住革新>を一緒に起こし、日本の住文化を変えていきませんか?

行政のみなさまへ

東京オリンピック誘致が決まり、ますます東京への一極集中が進んでいます。
その一方で、「地元に残りたい」と思う新卒社員は49% と
4 年前に比べて10% 増加(※3)しており、

若者の地元回帰の動きが進んでいます。
これは「地元愛」「地元志向」が強くなっていることの表れではないでしょうか。

理念の源泉となる「愛」が彼らには既にあり、この流れをうまく活用していくことが
地域の活性化につながると私たちは考えます。

行政が単発的なイベントを繰り返して地域を盛り上げても、
それは瞬間の活気に過ぎません。
経済が継続して循環してこそ、地域は活性化していきます。

私たち建設業界は、地域の気候や風土に合わせた、
地域のアイデンティティをもった家づくりから、
地域の活性化をはかります。
ご理解とサポートをお願いいたします。

「ただ、安いだけの家を求めている」(「安くて家が建つなら、それでいい」)という方はいらっしゃいますか?

いま、このホームページをご覧になっている方の中には、たぶんいないと思います。

「自分らしさ」「自分たちの地元らしさ」「日本らしさ」のある家をつくりませんか?

50 年も100 年ももつ、子どもや孫までが誇れる家を建てることは…。
*建物の資産価値も向上します。
*その後の光熱費やリフォームなどの維持費のことまで考えれば、
結果的にコストダウンがはかれます。
*なによりも、心の満足感が向上します。

私たちの考えに賛同できる方はぜひ、お問い合わせください。
私たちの理念に共感している地元工務店をご紹介します。